MEDIA

おすすめの毛穴黒ずみ除去法は?どうにもならない毛穴黒ずみの改善法を紹介

おすすめの毛穴黒ずみ除去法は?どうにもならない毛穴黒ずみの改善法を紹介
2022.4.22

毛穴にたくさんの黒ずみがあるから、すっぴんでは出歩けない…そんなお悩みを抱えていませんか?黒ずみはメイクで隠れるものの、メイクを落とせばとても目立つので、できれば改善したいですよね。ここでは毛穴の黒ずみができる原因や、今日からできるケア方法までご紹介します。ホームケアではどうにもならない黒ずみ毛穴の対処法もお教えしますので、黒ずみにお悩みの方は必見です!

目次

毛穴に黒ずみができる原因は?

そもそもなぜ黒ずみができてしまうかをご存じですか?黒ずみには2つの原因があり、どちらの原因かによってケア方法も変わります。 ここでは黒ずみで考えられる2つの原因を解説しますので、自分の黒ずみがどちらに当てはまるかをまずはチェックしてみましょう。

紫外線による色素沈着

毛穴が紫外線を浴びることで、毛穴部分にメラニン色素が沈着し、黒ずみ毛穴になってしまいます。紫外線が原因の黒ずみは、触ってもざらつきがないことが特徴です。汚れが原因ではありませんので、クレンジングや洗顔をしても黒ずみは解消されません。 メラニン色素による黒ずみ毛穴は、紫外線以外の原因でできることもあります。毛穴パックなどで肌や毛穴にダメージを与えると、ダメージ部分にメラニン色素が沈着。沈着したメラニンが排出されずに蓄積すると、毛穴が黒く見えてしまいます。

詰まっている角栓の酸化

毛穴に大きな角栓が詰まり、角栓が空気に触れて酸化することで黒ずんでしまいます。酸化するのは肌表面に出る部分なので、毛穴そのものが黒いように見えるのです。 角栓は皮脂や汚れなどが塊になったものです。でき始めた当初は小さな塊でも、汚れが蓄積していけば毛穴から飛び出るほどのサイズになります。 これが角栓の原因なので、角栓さえ取り除けばすぐに解消できる可能性があります。クレンジングや洗顔を入念に行いましょう。

鼻の黒ずみがどうしても取れない…簡単に毛穴を綺麗にする方法3つ

鼻の黒ずみをどうにかして取りたいと思ったら、簡単にできる毛穴ケア法を実践しましょう。ここで今日からできる3つの方法を解説しますので、黒ずみにお悩みの方は早速試してみてくださいね。

まずは正しいクレンジング&洗顔

まず試してほしいのが、正しいクレンジング&洗顔です。クレンジングはメイクをした日だけですが、洗顔は毎日行うものです。方法を間違えていると、汚れが蓄積してしまうため、正しい方法を実践しましょう。 まずはクレンジングの正しい手順から紹介します。
  1. 乾いた手のひらにクレンジング剤を適量取る
  2. 肌全体に薄く伸ばす
  3. 優しくマッサージするように、メイクと馴染ませる
  4. ぬるま湯で洗い流す
次に洗顔の正しい手順です。
  1. 洗顔ネットに洗顔料を適量出す
  2. ネットに水を少し含ませる
  3. ネットを広げる→揉み込むを繰り返し、弾力のある泡を作る
  4. 泡を顔全体に置く
  5. 泡で顔を洗うイメージで、優しくクルクルと回す
  6. ぬるま湯で洗顔料を完全に洗い流す
ぬるま湯は34~35度に設定してください。どちらも指で肌に摩擦を与えないことが大切です。優しく触れるようにメイクや汚れを落としましょう。

角栓除去には入念な保湿ケアも必須

角栓をきれいに落とすには、毎日の入念な保湿ケアも必須です。乾燥している肌は全体的に硬く、毛穴も硬くなってしまっています。毛穴が硬いと角栓が出てきにくいため、正しい洗顔を実施しても角栓が蓄積してしまうことに。 毎日の入念な保湿ケアで肌と毛穴を柔らかくしておけば、角栓を取り除きやすくなります。肌の健康も保たれますので、他の毛穴トラブルの予防にもつながるでしょう。

定期的にピーリングケアを行う

週に2~3回のスペシャルケアとして、ピーリングを行うこともおすすめです。ピーリングとは、肌の古い角質を取り除くことを言います。クリニックで受けられる施術ですが、市販でもピーリング剤が販売されています。 市販のピーリング剤は肌への刺激が穏やかなため、トラブルが起きにくいといわれています。まずはお試しにピーリング剤を使ってみて、黒ずみがまったく改善されないようであればクリニックでピーリングを受けるといいでしょう。

日焼けによる黒ずみ毛穴のケア方法は?

日焼けなどによってメラニン色素が沈着するタイプの黒ずみ毛穴は、ケアに時間がかかるという特徴があります。最低でも3か月はケアを続けながら様子を見ていく必要がありますので、根気よくケアを続けましょう。 ここでは日焼けによる黒ずみ毛穴におすすめのケア方法2つをご紹介します。

スキンケアに美容液を導入

いつも使っているスキンケアアイテムに、白い肌へと導く成分配合の美容液をプラスしましょう。白い肌へと導く成分には、ビタミンCやハイドロキノンなどがあります。いずれかの成分が含まれているアイテムを毎日使ってみてください。 美容液だけでなく、化粧水や乳液に成分が含まれていると、より効果的です。

クリニックでのレーザー治療

できるだけ早く黒ずみ毛穴を改善したいなら、クリニックでのレーザー治療がおすすめです。スキンケアアイテムを使ったケア方法は、自宅でできるため、手軽というメリットがあります。その反面、3か月以上ケアを続けなければならないので、早めに改善したい方にとってはデメリットが大きいでしょう。 クリニックでのレーザー治療はホームケアに比べて早く効果を実感できるので、改善を急ぐ方はクリニックでの施術を検討してみてくださいね。

黒ずみ除去クリームは毛穴にも有効?

市販で買える黒ずみ除去クリームは、顔の毛穴にも使えるの?と気になっている方も多いでしょう。 黒ずみ除去クリームは、クリームによって使える部位が異なります。部位に合わせて成分が配合されているため、使うのであれば顔用の黒ずみ除去クリームを使いましょう。 他部位のものを顔に使ってしまうと、肌に刺激が加わり、思わぬトラブルを招くかもしれません。使用時には十分注意しておきましょう。

毛穴の黒ずみ除去に綿棒がおすすめの理由は?

毛穴の黒ずみは、角栓によるものが原因であれば、自宅でのケアが可能です。自宅でのケアの中でも、特に綿棒でのケアが推奨されていますが、なぜ綿棒が有効なのでしょうか? ここでは黒ずみケアに綿棒がおすすめされる理由についてご紹介します。

低コストで毛穴の掃除ができる

綿棒は低コストで毛穴掃除ができる便利なアイテムです。安く買えるうえに数十本がセットになっていますので、何度も毛穴掃除ができるというメリットもあります。 また、綿棒は毛穴掃除以外にも、耳掃除など様々な使用用途があります。家庭に常備していることが多いアイテムでもあるので、思い立った日にすぐ毛穴掃除ができるでしょう。

綿棒を使った毛穴の掃除方法は?

角栓による黒ずみ毛穴をケアするなら、綿棒にオリーブオイルを馴染ませ、肌の上でクルクル回すだけでケアが完了します。 オイルは皮脂と同化し、汚れを落としやすくする作用がありますので、オリーブオイル以外でも構いません。フェイス用のオイルでも毛穴掃除が可能です。 ケア後はオイルをきれいに洗い流しましょう。油分が肌に残ったままだと、皮脂と同化して角栓になる恐れがあります。 また、洗い流した後は保湿ケアを行ってください。汚れのなくなった毛穴に保湿成分を馴染ませれば、健康的な毛穴になりますよ。

市販アイテムでできる毛穴黒ずみ除去方法は?

毛穴の黒ずみを除去できるアイテムには様々なものがありますが、中には市販で購入できるアイテムもあります。ここではドラッグストアなどで購入できるアイテムを紹介しますので、ぜひ探してみてください。

酵素配合のクレンジングor洗顔料

毛穴掃除をしたいなら、酵素配合のクレンジングや洗顔料を使いましょう。 酵素には角栓を分解するものと、皮脂を分解するものがあります。それぞれを分解することで落としやすくできるため、頑固な角栓がある方は酵素で顔を洗いましょう。 酵素入りのアイテムは洗顔料が主ですが、酵素配合のクレンジングも販売されています。どちらか一方を変えるだけでいいので、気になるアイテムを使ってみましょう。

スクラブ入り洗顔料

スクラブを配合した洗顔料で洗うことで、余分な皮脂や角栓を洗い流せます。スクラブは小さな粒のことで、毛穴内に入り込んで汚れをかきだしてくれます。頑固な角栓は落ちにくいかもしれませんが、余分な皮脂などはきれいに洗い流せるため、デイリーケアとしての使用がおすすめです。 スクラブ洗顔料は肌に多少の刺激がありますので、敏感肌の方は週に2~3回ほどのペースで使いましょう。

クレイパック

肌への優しさを重視するなら、クレイパックもおすすめです。 クレイとは泥のことです。泥には汚れを吸着する作用がありますので、クレイパックを行うことで肌の余分な汚れを落とせます。 汚れを落とすことは毛穴の黒ずみケア効果も期待できますが、角栓が原因であるニキビ予防にもつながります。ニキビができやすくて困っているという方にもぴったりのアイテムです。

毛穴黒ずみ除去アイテム購入前に口コミをチェック

市販で購入できるアイテムのほとんどは、ネット上で評価されています。購入前にアイテムの口コミを調べ、実際に使った人がどんな感想を持ったのかを見ておきましょう。 中には口コミ件数がとても多いものがありますが、見ておきたいのは黒ずみ毛穴への効果です。「黒ずみ毛穴が目立ちにくくなった」という声が多いアイテムを選ぶことがおすすめです。

皮膚科で毛穴の黒ずみ除去をしてもらうには

黒ずみ毛穴の治療で皮膚科を訪れる人もいるでしょう。皮膚科に行くと、ピーリング剤などを処方されます。処方されたものは自宅にて使用できますが、ホームケア用のものはトラブルが起こらないよう、緩やかな配合成分となっています。 ケア後にトラブルが起こらないことは良いのですが、効果も緩やかなため、はっきりとした効果を実感しにくいというデメリットがあります。

エステサロンで毛穴の黒ずみを除去してもらうには

毛穴の黒ずみ除去のために、エステサロンで施術を受けることもできます。エステサロンではどんな施術を受けられるのか、ここで2つの施術についてご紹介しましょう。

フェイシャルエステ

まずひとつめはフェイシャルエステです。エステティシャンが手で顔全体のマッサージをしてく施術で、肌の血行を良くするなどの効果が期待できます。 施術の際にはパックやエッセンスなどのアイテムを併用します。どんな悩みがあるのか、どんな肌になりたいかなどの希望に合わせてアイテムを使用するため、施術内容は人によって異なります。 黒ずみ解消のために施術を受けるなら、毛穴汚れを除去したいということを伝えておきましょう。

毛穴の吸引

エステサロンでは毛穴内の汚れを吸引する施術も受けられます。吸引する機器を毛穴に近づけることで、毛穴内の汚れを吸いだしていきます。機器を使って吸いだすため、施術後は毛穴内がきれいになるでしょう。 吸引後は化粧水などでアフターケアをしてもらえますので、一度施術を受けるだけでも印象が随分と変わります。

男性におすすめの毛穴黒ずみ除去方法は?

毛穴の黒ずみに悩むのは女性だけでなく、男性も同様です。ここでは男性に多い黒ずみ毛穴の原因や、今日からできる黒ずみ対策についてご紹介します。ホームケアはできないという方におすすめの除去方法もお教えしましょう。

角栓の詰まりは女性より多いことも

男性は女性よりも、皮脂が多く角栓ができやすい肌質です。男性は男性ホルモンが多いものですが、男性ホルモンには皮脂を多く分泌する働きがあります。男性はホルモンバランスが変化しにくいため、季節関係なく皮脂が出やすいのです。 皮脂が多く分泌されることから、角栓もできやすいと言えます。角栓による黒ずみ毛穴だけでなく、ニキビなどの肌トラブルに悩まされている人も多いでしょう。

今日からできる男性におすすめの黒ずみ対策

皮脂の分泌量が多い男性は、できるだけこまめに洗顔をすることがおすすめです。最低でも朝夜の2回、可能ならお昼に1回しておくといいでしょう。皮脂は34~38度のお湯で洗い落とせるため、ぬるま湯のみで顔を数回すすぐだけでも構いません。 日中は皮脂が常に分泌されているので、べたつきを感じたらティッシュで軽く抑えて皮脂を拭き取っておきましょう。脂取り紙の方が十分に皮脂をとれますが、必要な皮脂まで吸収してしまうため注意が必要です。 朝と夜の洗顔をした後は、保湿ケアをすることも忘れないでください。保湿ケアをしておくことで肌と毛穴が柔らかくなり、洗顔時に角栓を落としやすくなります。肌を健康に保つこともできるため、ニキビなどのトラブルが起きにくくなりますよ。

メンズクリニックでの施術もおすすめ

ホームケアでは黒ずみ毛穴を改善できない…そんな方におすすめなのがクリニックでの施術です。クリニックで施術を受ければ、角栓による黒ずみ毛穴はすぐに目立ちにくくなります。日焼けによる黒ずみ毛穴も、複数回施術を受けることで改善されていくでしょう。 美容クリニックは男女問わず使えるところがほとんどですが、女性専用や男性専用のクリニックもあります。 最寄りのクリニックを調べ、通いやすそうなところを選ぶといいでしょう。

どうにもならない毛穴黒ずみに!?注意したい間違えケア

黒ずみ毛穴を改善するために色々なケアを実践しているという人も多いでしょう。中には知らずに間違えケアをしてしまい、黒ずみが全く改善されずに困っているという人もいます。ここではやってしまいがちな間違えケア2選をご紹介します。

毛穴パックは黒ずみ除去に不向き

毛穴パックは肌に密着するため、肌にも毛穴にもダメージを与えてしまいます。肌や毛穴にダメージを与えることで、ダメージ部分にメラニン色素が沈着します。角栓による黒ずみが解消されても、メラニンによる黒ずみが新たにできてしまうのです。 また毛穴パックは無理に角栓を引き抜いてしまうので、開き毛穴にもつながります。思わぬトラブルを併発する恐れがあるので、おすすめできないケア方法です。

敏感肌は使用を避ける

前述したように毛穴パックは肌にダメージを与えますので、敏感肌の方は特に注意が必要です。敏感肌は通常の肌よりも刺激に弱いため、毛穴パックを使うことで肌に赤みやかゆみなどのトラブルが生じる可能性があります。 肌状態が悪くなってしまうので、使用を避けましょう。

思わぬトラブルも併発!ピンセットでの引き抜き

毛穴から飛び出ている角栓をピンセットで抜いてしまうという方もいるでしょう。こちらも毛穴パック同様、無理に角栓を引き抜く方法です。毛穴にダメージを与え、開き毛穴になってしまう可能性があります。 毛穴にダメージが加わることでメラニン色素が発生し、黒ずみ毛穴ができることもあるため、ピンセットでの引き抜きもやめておきましょう。

色素沈着による黒ずみ毛穴はクリニックにお任せ!

色素沈着による黒ずみ毛穴は、ホームケアによって少しずつ目立ちにくくなります。しかし改善までに時間がかかりますので、できるだけ早く治したい方はクリニックで施術を受けることがおすすめです。 ここではクリニックでの黒ずみ毛穴ケア方法をご紹介します。

クリニックでのレーザー治療

日焼けによる黒ずみ毛穴には、レーザー治療が推奨されています。レーザーでメラニン色素を攻撃し、破壊することで黒ずみが目立ちにくくなります。一度の施術で黒ずみがすべて消えるわけではありませんが、数回施術を繰り返すことで黒ずみが改善されていくでしょう。 レーザー治療は黒ずみケアもできますが、同時に開き毛穴のケアも可能です。開き毛穴を改善することで毛穴が引き締まりますので、毛穴内に汚れが入りにくい状態になります。 角栓ができにくくなりますし、毛穴そのものが目立ちにくくなるでしょう。

サプリメントの処方もおすすめ

美容クリニックではサプリメントを処方してもらうこともできます。ビタミンCやトラネキサム酸などの白い肌へと導く成分配合のサプリメントを飲めば、体の内側から黒ずみケアをすることが可能です。 外側からはレーザーで、内側からはサプリメントのWケアを行うことで、より高い効果を実感できるでしょう。

角栓除去にもクリニックがおすすめ

角栓による黒ずみ毛穴は、ホームケアで改善することができます。しかし、ホームケアでもどうにもならない頑固な角栓は、自力で除去することが難しいでしょう。 自力で取れそうにない角栓もクリニックにお任せすることがおすすめです。ピーリングなどの施術を受けることで、頑固な角栓もきれいに落とせますよ。

まとめ

毛穴の黒ずみ除去はホームケアで改善していくことができます。しかし、日焼けによる黒ずみ毛穴はホームケアでは時間がかかりますので、クリニックでレーザー治療などを受けることがおすすめです。数回受けることで気になる黒ずみが目立ちにくくなりますよ。 角栓は洗顔や綿棒での毛穴掃除にて改善できますので、まずは自宅でできることから始めてみましょう。色々なケアをしてみたけれど、黒ずみが一向に改善されない…そんな時はクリニックで適切な施術を受けましょう。 原因にあった施術を受けて、黒ずみのないきれいな肌を手に入れてくださいね。

HADA LOUNGEで施術を受けられるハイドラジェントルとマッサージピールのご紹介!

定額制で様々な美容施術を受けられるHADA LOUNGEには、黒ずみ毛穴にぴったりの施術が用意されています。角栓による黒ずみ毛穴におすすめの施術が2つありますので、ここでご紹介しましょう。

ハイドラジェントル

ハイドラジェントルは、機器のチップを肌につけ、水流を発生させて汚れを吸い上げる施術です。水で汚れを取り除いていくので、ピーリングのように薬剤を使いません。肌が弱い方でも受けられますし、術後のダウンタイムがほとんどないというメリットも持っています。 水には美容成分が含まれており、汚れを吸い上げると同時に美容成分を肌に馴染ませていきます。術後は角栓のない、うるおい美肌に仕上がりますよ。

マッサージピール

マッサージピールは、専用のピーリング剤を肌に優しく馴染ませていく施術です。肌の奥にまで働きかけることでコラーゲンが増え、肌のハリやツヤがアップします。ピーリング施術は、肌の古い角質を落とす効果もあるため、ごわごわとした肌触りを解消することも可能です。 頑固な角栓もピーリングによって落とせるので、角栓による黒ずみ毛穴の解消につながるでしょう。その他に、たるみ毛穴や開き毛穴など、多くの毛穴トラブルへの効果が期待できます。黒ずみ以外の毛穴トラブルにお困りの方は、ぜひ受けてみてくださいね。
more

ご予約はお早めに!

体験のご予約はお電話でも受付けております

0120-939-546

受付時間:10:00~20:00(水曜定休日)