MEDIA

毛穴のブツブツとおさらば!足、腕のブツブツの原因と毛孔性苔癬について詳しく解説

毛穴のブツブツとおさらば!足、腕のブツブツの原因と毛孔性苔癬について詳しく解説
2022.4.28

何をしても肌のブツブツが治らない…。ブツブツ毛穴が気になって肌を出したくない…。と思っている方も多いのではないでしょうか。肌にコンプレックスがあると、自信を持てず肌を隠してしまいがちですよね。そんなブツブツ毛穴も、適切な治療やお手入れをするだけで、見違えるほど改善します。この記事では、肌にブツブツができる原因、肌のブツブツをできるだけ早く治す治療法やお手入れ方

何をしても肌のブツブツが治らない…。
ブツブツ毛穴が気になって肌を出したくない…。
と思っている方も多いのではないでしょうか。肌にコンプレックスがあると、自信を持てず肌を隠してしまいがちですよね。
そんなブツブツ毛穴も、適切な治療やお手入れをするだけで、見違えるほど改善します。
この記事では、肌にブツブツができる原因、肌のブツブツをできるだけ早く治す治療法やお手入れ方法をご紹介します。
自宅ですぐに始められるものもあるので、今日から取り入れて、毛穴のブツブツとおさらばしましょう!

足とか二の腕とか肌のブツブツって治すことができるの?




足や二の腕の肌のブツブツは、治療次第で治すことが可能です。
何か一つの治療法を試して効果がなくても、それが自分に合っていないだけの可能性もあるので、あきらめずに他の治療法を試してみてください。自分に合う治療法を見つけると、効果も実感できるはずですです。
また、症状がひどくなかなか治らない場合は、一度病院で相談してみましょう。

足や二の腕など肌のブツブツに今すぐできる治療法を詳しく紹介




足や二の腕などにできる肌のブツブツの治療は、自宅でできるセルフケアから、一般皮膚科や美容皮膚科での治療までさまざまあります。
治療方法によってかかる時間や費用が変わってきますので、無理をせず、自分が続けられそうな治療法を選びましょう。

こちらでは、今日からはじめられる簡単お手入れ方法から、美容皮膚科でのスペシャルケアまで詳しくご紹介します。


足・二の腕のブツブツ治療法①サリチル酸や尿素配合のクリームを使う

肌のブツブツには、肌の角質を柔らかくし溶かしてくれる、サリチル酸や、尿素が配合されたクリームが効果的です。一般皮膚科で処方してもらうこともできますし、ドラックストアなどで市販薬を購入することもできます。
また、乾燥が原因でブツブツができることもあるので、保湿成分が多く配合されているクリームでしっかりと保湿し、予防してあげることも大切です。
 

足・二の腕のブツブツ治療法②一般皮膚科を受診する

市販薬であまり効果を感じられない人は、皮膚科に行って相談してみましょう。
サリチル酸や尿素配合クリームを中心に、ビタミンD3含有軟膏やヒルロイド含有軟膏などを処方してくれます。
一般皮膚科では、健康保険が適用されるので、経済的に負担なく治療できるのがポイントです。
また、美容皮膚科も併設している一般皮膚科では、クリームや軟膏に加えて美容施術も合わせて治療することがあります。

足・二の腕のブツブツ治療法③ 美容皮膚科で施術を受ける

市販薬や皮膚科で処方される薬は、効果が表れるまで使い続ける必要があるので、短期間で症状を改善したい方は、美容皮膚科での治療も考えてみてはいかがでしょうか。
美容皮膚科では、健康保険は適用されませんが、短期間で症状を改善できるのが魅力です。以下のような施術が受けられます。

ケミカルピーリング

皮膚にピーリング剤を塗り、角質を取り除くことで毛穴の詰まりをなくす治療法。毛穴の詰まりが解消されると、肌のターンオーバーが整い、滑らかな肌に生まれ変わります。
美容皮膚科では、医療用のピーリング剤が使われるため、市販のピーリング剤より効果を得られます。

フラクショナルレーザー

皮膚にレーザーを照射し、熱エネルギーを与えながら肌の再生を促す治療法。
レーザーが照射された肌内部には、とても小さな傷ができますが、ダメージを受けた皮膚を修復するために、肌が本来持っている再生能力が活性化し、ふっくらした美しい肌になります。
照射後は赤みが出るので、一定期間のダウンタイムが必要です。
肌のブツブツだけではなく、毛穴の開きやニキビ跡にも使われています。

ダーマペン

ダーマペンは、フラクショナルレーザーと同じように、目には見えない小さな傷を皮膚に作り、その傷の修復のために自然治癒力が働き、肌が修復する治療法です。
皮膚に傷ができると、線維芽細胞が活性化し、コラーゲンやエラスチンなどが作り出され、ハリや弾力のある肌に再生してくれます。
フラクショナルレーザーとの違いは、ダーマペンは熱伝導がないため、肌への負担が少ないことです。
また、フラクショナルレーザーよりも、若干ダウンタイムが短いのが特徴です。


ブツブツの正体は毛孔性苔癬!主な症状や原因を詳しく説明




足や腕にできるブツブツは、ほとんどの場合が毛孔性苔癬であると言われています。
毛孔性苔癬は、皮膚の毛穴に小さなブツブツがたくさん発生する皮膚疾患で、触るとザラザラしていて、ほとんどの場合、痛みやかゆみをともなわないのが特徴です。
腕にできる人が多いですが、足、肩、背中などにできることもあります。
主な原因は、古い角質が毛穴にたまり、皮膚が盛りあがることでできます。ターンオーバーの乱れや、遺伝が原因であると考えられています。


足や腕の毛穴のブツブツがかゆいときは、こんなことが原因かも?

毛孔性苔癬は小児期に発生し、思春期以降は自然に治っていくことがほとんどです。前述したとおり、かゆみを感じることはなく、10代の約4割の人が経験する皮膚疾患です。
もし、足や腕のブツブツにかゆみを感じたり、長期間治らなかったりする場合は、他の皮膚疾患の可能性がありますので、病院を受診して適切な治療を受けましょう。

顔のブツブツやザラザラは毛孔性苔癬じゃない?部位によって原因も違う。




毛孔性苔癬は、顔にはできないと言われているため、顔にできるブツブツやザラザラは、他に原因があるとされています。
症状によって発疹の大きさに違いがあり、赤みやかゆみなどをともなう場合もあります。

・にきび…皮脂が多い部分にできやすい。初期の段階では、白くぽつぽつしている。
・あせも…汗腺がつまることでできる。水ぶくれができたり、かゆみをともなったりする。
・じんましん…激しい痛みやかゆみを感じることがある。皮膚が赤く盛り上がり、ほとんどの場合、数十分から一日で消える。
・湿疹…アレルギー物質やほこりなどから誘発されることが多い。かゆみやヒリヒリ感がある。
・毛嚢炎(もうのうえん)・毛包炎(もうほうえん)…痛みやかゆみはほとんどなく、赤いブツブツが特徴。
・稗粒腫(ひりゅうしゅ)…粒上の白いブツブツ。主におでこや目周りなど、皮膚の薄い部分にできる。
・顔面毛包性紅斑黒皮症(がんめんもうほうせいこうはんこくひしょう)…毛孔性苔癬の一種。青年期の男性によくみられ、発疹に赤みがあるのが特徴。


まとめ




この記事では、肌にブツブツができる原因や治療法などをご紹介しました。肌のブツブツといっても、できる部位や症状によって色々な原因があります。
不安なときは自己判断せず、一度病院で相談して適切な治療を受けてください。
今日から肌のブツブツの治療やお手入れをはじめて、なめらかできれいな肌を目指しましょう!

肌のブツブツに効果的!HADA LOUNGEのハイドラジェントル、マッサージピールのご紹介



肌のブツブツで悩んでいる方、肌質を改善したい方におすすめなのが、HADA LOUNGEで受けられる美容施術です。
HADA LOUNGEの中でも人気の施術、マッサージピールが肌にハリと弾力を与えてくれます。
毎月定額制なので、安心して施術を受けられるのが嬉しいポイント。
他にも、美白、シワ、リフトアップなどに効果のある施術もあります。HADA LOUNGEで、あなたもぜひ肌のお手入れを始めてみませんか?
more

ご予約はお早めに!

体験のご予約はお電話でも受付けております

0120-939-546

受付時間:10:00~20:00(水曜定休日)