MEDIA

簡単!毛穴・鼻の黒ずみ除去の方法とは?男女問わずできるおすすめの方法をご紹介

簡単!毛穴・鼻の黒ずみ除去の方法とは?男女問わずできるおすすめの方法をご紹介
2022.5.2

毎日洗顔しているのにちっとも治らない黒ずみ毛穴にお悩みの方は多いのではないでしょうか?毛穴が黒ずんでいるとメイクも映えずがっかりしますよね。そこでこの記事では、黒ずみ毛穴の原因や黒ずみを簡単に取る方法、正しいお手入れ方法、予防方法を紹介します。あわせて厳選したおすすめの黒ずみ毛穴ケアアイテムを5つ紹介しているので、この記事を参考に黒ずみ毛穴のない美しい肌を手にいれてください。

毎日洗顔しているのにちっとも治らない黒ずみ毛穴にお悩みの方は多いのではないでしょうか?毛穴が黒ずんでいるとメイクも映えずがっかりしますよね。

そこでこの記事では、黒ずみ毛穴の原因や黒ずみを簡単に取る方法、正しいお手入れ方法、予防方法を紹介します。あわせて厳選したおすすめの黒ずみ毛穴ケアアイテムを5つ紹介しているので、この記事を参考に黒ずみ毛穴のない美しい肌を手にいれてください。

取れない毛穴の黒ずみは何が原因?

そもそも、なぜ毛穴が黒ずむのでしょうか?毛穴の黒ずみの原因には、以下に挙げる5つが考えられます。

黒ずみ毛穴は原因によって対処法が変わることもあるので、まずは自分の黒ずみ毛穴の原因は何かをつきとめましょう。

皮脂の分泌が多すぎて毛穴が詰まり酸化した

皮脂は、皮膚の表面に広がって肌の乾燥を防ぐ大切な役割を持っています。しかし、脂を多く含んだ食品の食べ過ぎや、ストレス、睡眠不足などが続くと、分泌量が増える場合があります。

そうなると、余分な皮脂が毛穴に詰まって角栓となります。角栓は時間が経つと酸素と結びついて酸化し、黒ずんでしまいます。とくに鼻の頭や小鼻の辺りは皮脂量が多いため、角栓ができやすく黒ずみも起こりやすいのです。

ターンオーバーの乱れ

肌は約30日の周期で生まれ変わっており、これをターンオーバーといいます。ターンオーバーが正常に行われると、古くなった角質が剥がれ落ちて新しい細胞に生まれ変わります。

ところが、加齢やストレス、睡眠不足、飲酒、喫煙、便秘などが原因でターンオーバーが正常に行われなくなると、古くなった角質が剥がれ落ちず積み重なって角栓の元となって黒ずみの原因となってしまいます。

皮脂分泌が少なすぎても起こる

乾燥肌の人は皮脂の分泌量が少ないため黒ずみ毛穴にはならないように思われますが、意外なことに毛穴の黒ずみに悩んでいる人は多くいます。

乾燥肌になると、皮膚のバリア機能やターンオーバーの機能が低下しやすくなります。バリア機能やターンオーバーの機能が低下すると、上記でも説明したように、古くなった角質が毛穴の周りに積み重なって角栓を作り、黒ずみの原因となってしまうのです。

メイクの厚塗り

鼻の黒ずみを隠そうとすると、ついついメイクを厚塗りしがちですよね。ですが、メイクの厚塗りも毛穴黒ずみの原因となるので、注意が必要です。

ファンデーションを多く塗ると、メイクと過剰な皮脂が混ざって皮脂崩れを起こし、毛穴が詰まってしまいます。その結果、角栓ができやすくなって毛穴の黒ずみの原因となるのです。

毛穴の影や産毛

毛穴が開いていると、角栓ができていなくても光が当たった時に影ができ、毛穴が黒く見える場合があります。

毛穴の黒ずみの原因が影の場合は、完全に消すことは困難です。ですが、毛穴を引き締めるケアを行って、毛穴の開きが目立たなくなるようにすることはできます。

また、産毛も鼻の毛穴を黒く見せる原因となる場合があります。産毛は、毛穴の奥から生えてきます。しかし、角栓などで毛穴が塞がっていると、抜け落ちた産毛が外にでることができずに毛穴に詰まって黒くなる場合がある、と考えられています。

メラニン色素の沈着

メラミン色素は、肌や髪の毛などの色をつくる黒色の色素のことです。代表的なものの1つにシミがありますが、毛穴の黒ずみの原因にもなります。

紫外線を浴びると、メラニン色素をつくる組織であるメラノサイトが活性化します。また、すでにできているメラニン色素に紫外線があたると酸化して黒くなってしまいます。

正常なターンオーバーが行われると、メラニン色素は皮膚の表面に押し出されます。しかし、ターンオーバーが乱れるとメラニン色素が表皮で沈着してしまい、黒ずみの原因となってしまうのです。

また、お手入れをしすぎると毛穴の入り口で摩擦が起こり、炎症を起こしてメラニンが沈着する場合もあります。

毛穴黒ずみは綿棒でケアできるってほんと?

毛穴黒ずみは、綿棒でケアできます。ただし、綿棒の大きさや使用するクリーム類の種類を間違うと、効果を得られないどころか炎症を起こしてしまう場合があります。

毛穴黒ずみのケアを綿棒で行うときは、次の手順で正しく行ってください。

綿棒で毛穴をケアする方法

毛穴をケアする綿棒はいつも使っているもので構いませんが、できれば大きいサイズの綿棒を使うと、肌に綿棒の芯が与えるダメージを少なくできます。

はじめに蒸しタオルで毛穴を開いた後、美容オイルやベビーオイル、オリーブオイルをたっぷりと含ませた綿棒で、くるくると軽くマッサージするようにこすってください。肌にオイルを直接塗っても構いません。

綿棒のすべりが悪くなったと感じたらオイルを追加するか、マッサージをやめるかしましょう。その後、いつもの洗顔をした後、乳液やクリームで保湿を忘れずに行ってください。

注意点

綿棒ケアで一番注意したいのは、肌をこする時に力を入れないこと。肌にダメージを与え、メラノサイトが増加して黒ずみの原因となることがあります。

また、やりすぎると角栓だけでなく必要な皮脂も落としてしまいます。そうなると、皮膚が油分を補うために皮脂の分泌量を増やし、角栓や毛穴のつまりの原因となってしまうこともあるので注意が必要です。

簡単に鼻の黒ずみをとる方法とは?おすすめの毛穴黒ずみ除去方法は男女とも同じ

毛穴の黒ずみを綿棒で取る方法は面倒だしリスクも多い、と思われた方も多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは男性、女性にこだわらず、誰にでもできる鼻の黒ずみを取る方法を3つ、紹介します。とても簡単なので、ぜひ実行してみてください。

正しい方法で洗顔する

せっかく洗顔をしても、間違った方法では毛穴の黒ずみは取れません。以下の3つの方法を守って洗顔を続けると、毛穴の黒ずみを取ることができます。

しっかり泡立てる

まず手を洗い、ぬるま湯で軽く下洗いをします。冷たい水を使うと毛穴が閉じてしまうので注意してください。

洗顔料は説明書を良く読んで、適量をしっかりと泡立てます。コツは数回に分けてお湯を足していくこと。逆さにしても泡が落ちないくらい固く泡立てましょう。弾力のある泡が肌や毛穴の汚れを包み込み、古くなった角質や毛穴に詰まった汚れ、皮脂を落とすことができます。

ごしごしこすらない

洗顔料をつけて顔を洗う際は、皮脂が多いTゾーンから泡を乗せ、肌の上を転がす感じでそっと洗うのがコツです。「汚れをしっかりと落としたいから」といってごしごしと強くこすると、肌と手の間に摩擦が起こり、ダメージを与えてしまいます。

また、長く泡を肌に乗せていると必要な皮脂まで取ってしまうので、泡を乗せている時間は、朝は10~15秒、夜は30~60秒を目安にしてください。

クレンジング前に皮膚を温める

せっかく正しいクレンジングを行っても、毛穴が締まっていると奥までクレンジングが届かないため、汚れが取れない場合があります。

クレンジングをする前に温めたタオルを顔に3分乗せると毛穴が開き、クレンジングが奥まで届きます。蒸しタオルは電子レンジで30~60秒加熱するだけで簡単にできるので、ぜひお試しください。

黒ずみ毛穴に効果があるクレンジング選びをすることも大切

クレンジング剤を買おうとすると、種類が多すぎてどれを買ったらいいのか迷ってしまいますよね。

クレンジング剤はそれぞれ効果が異なっているので、適切でないものを選ぶと黒ずみ毛穴にはあまり効果が期待できません。黒ずみ毛穴に効果があるものを選びましょう。

黒ずみ毛穴には、以下のクレンジングがおすすめです。

黒ずみ対策には酵素系パウダー洗顔料

酵素には皮脂やタンパク質を分解する働きがあるため、普通のクレンジングでは落とすことができない皮膚の表面の汚れや、古い角質、角栓対策に効果があると言われています。

酵素の中でも「リパーゼ配合」のものは皮脂や脂肪を分解する働きがあるので、黒ずみ毛穴対策に適しています。

酵素は水と混ざるときに一番効果を発揮するため、毛穴の黒ずみ対策には酵素系パウダータイプがおすすめです。

角栓を落とすならオイルタイプかクリームタイプ

角栓を落とすにはオイルタイプかクリームタイプがおすすめですが、少しだけ効果が異なっています。どちらの効果を求めるかによって使い分けてください。

オイルタイプのクレンジングは、詰まった角栓を柔らかくして取り除く働きがあるので、角栓が詰まった毛穴対策におすすめです。

クリームタイプもオイルタイプと同様の効果が期待できますが、汚れを浮かして毛穴に詰まっている酸化した皮脂を取り除く働きがあるため、黒ずみ対策に一層効果を発揮します。

洗顔ブラシを使っても良い

黒ずみ対策には、洗顔ブラシを使うのも効果的です。洗顔ブラシを使うと毛穴の奥まで洗うことができ、乳液や美容液の浸透率も高くなります。

ただし、ブラシを水で濡らさずに使う、ごしごしと力を入れる、長い時間使用する、などの間違った使い方をすると、肌にダメージを与えるので注意してください。

まずは、週に1回洗顔ブラシを使って、肌の様子を見ながら徐々に使う回数を増やしていくことをおすすめします。

毛穴パックをする

毛穴パックを使うと、ごっそりと角栓を取ることができます。ただし、パックの後の肌は毛穴が開き、角栓以外に角質や水分もなくなっています。そのため、保湿ケアを念入りに行うことが大切です。

また、パックのしすぎは肌への負担を大きくしてしまいます。とくに貼るタイプの毛穴パックは負担も大きいので、月に1回程度にとどめておきましょう。

お手入れの最後に収れん化粧水を使う

収れん化粧水はトーニングローションとも呼ばれ、その名の通り肌を「収れんする」つまり「引き締める」効果がある化粧水のことです。

洗顔の最後に収れん化粧水を使うと毛穴や肌を引き締め、保湿効果を維持したり皮脂の分泌を押さえたりする働きがあるため、黒ずみ毛穴対策にも効果が期待できます。

ただし、アルコールが使われていることがあるので、敏感肌の人や肌が弱い人は使う際に注意が必要です。

黒ずみ毛穴は予防できる!おすすめの方法を紹介

黒ずみ毛穴は、次に挙げる3つの方法で予防することができます。正しいクレンジングで毛穴の黒ずみを落としながら毎日の予防を心がけると、自然と黒ずみ毛穴は減っていきます。

どれも簡単な方法なので、ぜひ実践してください。

保湿をこまめに行う

肌が乾燥していると、「黒ずみの原因」で解説したように肌が油分を補おうとして皮脂の分泌量を増やすため、角栓ができやすくなります。

また、肌が乾燥することでダメージを受けると、ターンオーバーが乱れて古い角質や色素が剥がれずに黒ずみの原因となることも説明しました。

肌の保湿を常に心がけるとこのようなトラブルを防ぐため、黒ずみ毛穴ケアに繋がります。

美白ケアも予防に効果がある

メラニン色素の沈着が原因の毛穴の黒ずみには、美白ケア用の化粧水や美容液を使うことをおすすめします。

美白ケア用のアイテムには、メラニンの生成を抑える働きがある成分が配合されています。商品によっては、皮脂の分泌を抑える成分が配合されているものもあるので、黒ずみ毛穴の予防にも効果が期待できます。

メイク時間はできるだけ短くする

メイクをすると、ファンデーションが毛穴に入ります。メイク落としや洗顔が不十分だと毛穴に残って汚れが蓄積され、黒ずみの原因となってしまいます。

メイク時間はなるべく短くするように心がけ、しっかり洗顔をして毛穴にメイクが残らないように注意してください。メイクをした時のクレンジングは、洗浄力が強いオイルタイプかジェルタイプがおすすめです。

黒ずみ毛穴を避けるためには生活習慣も改善しよう

毛穴の黒ずみの原因が生活習慣にある、と聞いてもピンとこないかもしれませんが、黒ずみ毛穴は生活習慣の乱れが原因でなることもあります。黒ずみ毛穴ケアをしているのになかなか改善しない場合は、一度以下の生活習慣を見直してみてください。

食生活に気を遣う

毛穴の黒ずみは、食生活が影響している場合もあります。黒ずみ毛穴を引き起こしやすい食べものは避け、黒ずみ毛穴対策に効果がある食べものを積極的に摂りましょう。

黒ずみ毛穴を引き起こしやすいのは、揚げ物などの油分が多い食べもの。反対に効果があるのは、脂質の分解に必要なビタミンB2や抗酸化作用があるビタミンC・Eを含む食べものです。

ビタミンB2は、レバー、乳製品、卵、ささみ、ビタミンCはフルーツ、ピーマン、ブロッコリー、ビタミンEはアーモンド、モロヘイヤなどに多く含まれています。

規則正しい生活をする

睡眠不足も黒ずみ毛穴の原因となります。黒ずみ毛穴の原因の1つに挙げられるターンオーバーの乱れは、睡眠不足が原因で起こります。

ターンオーバーを促す成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌量が減り、正常なターンオーバーが行われなくなります。

さらに睡眠不足が続くとストレスにより男性ホルモンの分泌量が増えてしまいます。男性ホルモンは、黒ずみ毛穴の原因の1つである皮脂の分泌を促す働きがあります。規則正しい生活を心がけ、睡眠をしっかり取ると毛穴の黒ずみも減っていきます。



セルフケアでどうにもならない毛穴黒ずみはクリニックへ

毎日のセルフケアを怠っていないのになかなか毛穴黒ずみが改善できない場合は、クリニックやサロンでの施術を受けてみることをおすすめします。

クリニックやサロンでは、一般家庭では使用できない専門のマシンを使って施術を行うので、毛穴の汚れをしっかりと落とすことができます。次に、実際にクリニックやサロンでどのような施術が行われているのか解説していきます。

毛穴洗浄

毛穴洗浄は、マシンによる超音波振動で汚れや古い角質を取り除く施術です。先端についているヘラ状のマシンを肌にあてると、1秒間に1~3万回もの振動を与えて汚れを浮かせ、吹き飛ばします。

毛穴吸引は、ガラスの管がついた吸引器具で汚れを吸い取る施術で、頑固な角栓対策にとくにおすすめです。毛穴吸引は自宅でできる器具が販売されていますが、サロンやクリニックに比べると効果が優しいので、即効性を求めるならサロンやクリニックがおすすめです。

光フェイシャル

光フェイシャルは、特殊な光をあててメラニン色素を分解したり、コラーゲンの生成を促したりする施術です。

角栓や汚れを落としても毛穴の黒ずみが取れない場合は、毛穴の周りの色素が沈着している可能性もあります。黒ずみ毛穴の原因が、色素の沈着の場合は、毛穴洗浄よりも光フェイシャルが向いています。

まとめ

黒ずみ毛穴の原因にはさまざまなものがありますが、原因を突き止めて正しい対策を取ると、黒ずみ毛穴は改善できます。この記事では、誰にでもできる簡単かつ効果的な対策を紹介しました。この記事を参考に正しいケアを行い、毛穴の黒ずみを改善しましょう。

それでもどうしても改善できない場合は、サロンやクリニックでプロの施術を受けることをおすすめします。

毛穴洗浄はHADA LOUNGEのハイドラジェントルがおすすめ

セルフケアに限界を感じている方や、すぐに毛穴の黒ずみを解消したい方には、HADA LOUNGEクリニックのハイドラジェントルをおすすめします。

HADA LOUNGEクリニックは、定額制のスキンケアを行っている今注目のクリニック。美容内服薬セットも定額料金内で提供されているので大変お得です。定額制なので料金を気にせず満足のいく施術を受けることができます。

表参道から徒歩で2分と立地も良いので、黒ずみ毛穴にお悩みの方はぜひお試しください!

HADA LOUNGEハイドラジェントルとは?

HADA LOUNGEのハイドラジェントルは、特殊な水流と3つの薬剤でピーリング・クレンジング・美容液の導入を行う施術です。

水流の力で角栓や余分な角質を取り除くので、黒ずみ毛穴にお悩みの方におすすめ。肌に負担を与えず効果的に施術を行います。コラーゲンの生成を促す効果もあるので、肌のハリやつやの向上、くすみや小じわも改善します。
more

ご予約はお早めに!

体験のご予約はお電話でも受付けております

0120-939-546

受付時間:10:00~20:00(水曜定休日)