MEDIA

プラズマシャワーは効果なしって本当!?導入薬剤やダーマペンとの併用なども紹介

プラズマシャワーは効果なしって本当!?導入薬剤やダーマペンとの併用なども紹介
2022.6.16

お肌のスペシャルケアとして注目されているプラズマシャワーは、幅広い肌のトラブルに効果的だとされています。肌荒れはもちろん、ニキビなどの炎症、くすみなどによるトーンダウン、加齢による小じわやほうれい線などが改善したともいわれていますが、その一方でプラズマシャワーは効果なしという声も…。

ここでは、プラズマシャワーでお肌のトラブルを改善したい方に向けて、プラズマシャワーとはどのような施術なのか、導入薬剤にはどのようなものがあるのかなど、くわしい情報をお届け!

今回の記事でプラズマシャワーの施術を受けるか受けないのか判断していただけたらと思います。

プラズマシャワーは効果なしって本当?




Amazonなどで販売されている家庭で使用できるプラズマシャワー美顔器などでは、使ってみたけど効果が出ている実感がないという声があります。


プラズマシャワーは、ニキビ跡や凹凸のニキビ跡に効果はあるんですか?レーザーに切り替えるか今迷ってます
回答お願いします

引用:Yahoo!知恵袋



ないです。跡は手遅れです

引用:Yahoo!知恵袋


といった、ちょっと絶望してしまうようなやりとりがちらほら…。やっぱりニキビ跡には何をしても効果なし?と、諦めるしかないのでしょうか…?

また、シミや目の下のたるみやクマ、そして目の際のシワの部分も効果がないという情報があります。

結局のところこれは家庭で使用できるプラズマシャワー美顔器でのお話し。しっかりとしたクリニックであれば効果があるのかも?と考えてクリニックを受診される方も多いです。

実際にクリニックでのプラズマシャワーは本当に効果があるのか…気になるその効果は後ほど詳しく解説しますので、しばらくはこのまま読み進めてみてください。

まずは施術による痛みから順にご説明していきます。

プラズマシャワーは痛いって本当?




美容のための施術では痛みが伴うものもあります。そのため、プラズマシャワーに対しても、痛みがあるのでは?と疑問や不安を抱くかもしれません。

例えば、医療脱毛では「輪ゴムで弾かれるような痛み」があったり、レーザー治療では熱による痛みを感じることもあったりします。

ですが、プラズマシャワーにはほとんど痛みがないとされています。もちろん、個人差はありますが、どちらかというとピリピリするような感覚で、チクチク、ジクジクと刺すような痛みではありません。

また、痛くなければ効果がないのでは?と思うかもしれませんが、けっしてそのようなことはありません。じんわりと温まっていくようなレベルの出力でも効果がみられています。

プラズマシャワーを安い値段で受けたいけど、値段はどのくらい?




では、プラズマシャワーはどのくらいの金額で受けられるのでしょうか。どのくらいの相場になるのか、各クリニックで掲示されている費用をもとに出していきたいと思います。

各クリニックの全顔に1回の照射でかかる費用の相場は、顔全体と首に1回の照射で約25,000円前後で、クリニックによる金額の際はそこまでありません。

照射回数や部位の増減によって価格が変わってきます。また、施術に当たってどの薬剤を選ぶかによっても金額が異なります。ヒアルロン酸、コラーゲンをはじめ、複数の薬剤が洗濯できるのですが、複数選択すると10万円を越えるコースも!

お財布に応じて、カウンセリングの人と相談しながら自分にピッタリのコースを探してみてくださいね。


プラズマシャワーの効果と、効果の出はじめはいつからかを説明!




プラズマシャワーは、主に肌荒れやにきびやくすみや毛穴に関する悩みなど、肌に関する悩みに対してアプローチする美肌治療機器です。ここでは前述した「実際にクリニックでのプラズマシャワーは本当に効果があるのか…気になるその効果は?」といった形でその実力を詳しく解説していきます。

まず、プラズマによって期待できる効果は以下の5つです。
  • 老廃物が除去できる
  • 高い殺菌力がある
  • 細胞が活性化できる
  • コラーゲンが生成できる
  • 浸透力がアップする

お肌の表面の角質や老廃物を取り除いてクリーニングしたうえで、細菌を殺菌、繁殖を防ぎます。抗炎症効果もあり、ニキビなどの炎症が鎮められます。

さらに肌のターンオーバーを促し、メラニンを輩出できるため、くすみが改善できるとされているのです。

また、プラズマシャワーで真皮を刺激して、コラーゲン、エラスチンなどを増加させるので、アンチエイジングにも効果的です。

さらに、プラズマシャワー照射後は、お肌に美容成分が浸透しやすくなっています。美容液などもお肌の奥の奥までしっかり行き渡り、より効果が期待できるでしょう。

プラズマシャワーでニキビ跡、クレーター肌の改善

プラズマシャワーによってニキビ・アトピー性皮膚炎などの肌トラブルの改善、くすみの改善と美白効果、ハリ・弾力のアップなどが期待できるといわれています。

ただし、前述したとおりクレーターのようなひどいニキビ跡の場合はその効果が発揮できない可能性が高いです。ただし、以下のような軽度なもの、赤みや炎症などには効果がしっかりと期待できます。

ニキビの原因はアクネ菌です。また、アトピー性皮膚炎は黄色ブドウ球菌によって炎症が悪化します。他にも、細菌によって引き起こされるお肌のトラブルは数えきれないほどあります。

プラズマシャワーを照射してお肌のトラブルの原因となっているアクネ菌などの細菌を殺菌、ニキビをはじめとした様々な肌トラブルの改善ができるのです。

また、肌トラブルがある状態でも、個人差はありますがそれほど痛みがないとされているため、安心して施術が受けられるのではないでしょうか。

人間の皮膚の細胞にあるイオンにはプラスとマイナスの電荷があり、細胞はそのバランスによって成り立っています。お肌の場合、角質層と顆粒層のイオンが違うもので、それぞれ引き合っていますが、このとき微弱な電気が流れます。これが肌のバリアの正体で、お肌の表面の隙間から異物が入り込まないようにします。

プラズマシャワーではお肌を清潔にすると同時に、皮膚のバリア機能を取り戻すため、これまでに悩んでいた肌トラブルも繰り返しにくいのも特徴です。

プラズマシャワーでくすみを改善して美白効果

プラズマイオンにはスパッタリング現象といわれるものがあります。弾き飛ばすという意味ですが、お肌に溜まった古い角質などを取り除くことをいいます。これによりくすみを改善し、お肌のトーンアップができるとされているのですね。

そもそも、お肌のくすみはターンオーバーの乱れによって、お肌に古い角質などが溜まって、キメが乱れてしまっているのが原因です。お肌がくすむと透明感もなくなります。お肌の表面で光が乱反射して、部分的に影が落ちて暗く見えてしまいがちになるのです。そのため、プラズマイオンでお肌に不要なものを取り除き、キメの整った肌を取り戻さなければいけません。

美白化粧品で美白効果が実感できなくても、プラズマシャワーでトーンアップができたというケースもあるといいます。

ご存知のとおり、お肌は紫外線を浴びるとメラミンという色素を生み出します。本来は紫外線からお肌を守るためのものですが、過剰に生成されたメラミンのターンオーバーができないと、どんどん蓄積されてくしみやシミになってしまうのです。

つまり、メラミンの生成を抑えるということは美白効果があるということ。プラズマシャワーにはメラニンの色素の生成を抑え、くすみを取り除くことができるともいわれているため、美白効果が期待できるといえるでしょう。

プラズマシャワーで弾力やハリを改善

プラズマシャワーはアンチエイジングにもおすすめできます。お肌は加齢とともにハリや弾力を失ってしまいます。頬のたるみや目元の小じわなども気になってくるのではないでしょうか。

お肌のイオンのバランスを取り戻すことで引き締まるだけでなく、繊維芽細胞増殖因子へ働きかけながら、熱による刺激が加わることでコラーゲンが生成が促されるため、目立ちやすい小じわはもちろん、皮膚の毛穴などの改善にもつながるとされています。

表情筋は皮膚と皮下組織にたくさんある小さな筋肉で、年齢を重ねるごとに筋肉の質が低下したり、筋繊維がゆるんだりしてしまいます。これがたるみのメカニズムです。

また、あまり知られてはいませんが、お肌の乾燥も原因といわれています。加齢によりお肌の水分量は減少してしまいます。膨らんだスポンジのようにたっぷりと水分をふくんでいたお肌は水分量の低下と比例してしぼんでしまうためです。プラズマシャワーの施術とともに、薬剤を浸透させてうるおいをチャージするとハリも取り戻せるでしょう。

効果の出はじめはいつ頃から出てくる?

効果の出はじめの期間に関しては個人差はありますが、施術をして当日から効果が出たという声が多くあります。しかし、その効果を継続していくためには複数回の照射が必要です。そのため、何度か照射を繰り返して肌の環境を整える必要があるでしょう。

プラズマシャワーの効果に関して結論をいいますと、肌トラブルの改善、くすみの改善や美白効果、アンチエイジングの効果などがあるとされています。

導入薬剤によって、さらにお肌のトラブルにピンポイントでアプローチできるのも、プラズマシャワーをおすすめする理由です。

プラズマシャワーの副作用は心配するほどではないって本当?




プラズマシャワーの副作用として、施術後に赤みがみられることがあるといいますが、ほとんどは時間の経過とともに、数時間で治まります。過度に副作用を心配することはありません。心配であれば施術前に相談してみるといいでしょう。

また、副作用ではありませんが、妊娠中、授乳中には施術ができません。他にも、日焼けしたばかりであったり、お肌に感染症があったり、重度の炎症があったりする場合も施術が難しいケースがみられます。詳しくは、クリニックのカウンセリング時に確認してみてください。

さらに、これまで薬剤アレルギーの経験がある場合、プラズマシャワーの施術ではなく、施術後に使用する薬剤でアレルギーを起こすことがあるため、あらかじめアレルギーを起こした薬剤について伝えておくことをおすすめします。

プラズマシャワーで使用される導入薬剤・最新プラズマ美容機器「プラソン」




ここで、プラズマシャワー機器でクリニックに導入されているもののひとつ、プラソンについてご紹介します。

プラソンはアメリでも医療機器として認証を受けていて、効果は実証済!

プラソンで使用しているプラズマは、気体よりも粒子が細かく高エネルギーの物質ということもあり、肌の表面から深部にまで熱を加えていくことができます。

そのため、各層(皮膚表面や表皮膚や真皮や皮下組層)によって加わるエネルギーの強さが変化する仕組みを活用することで、大きな美肌効果が期待できるというわけです。

プラズマシャワーで使用可能な導入薬剤

プラズマシャワーは施術中に導入薬剤の成分を浸透させるので、より肌の悩みに対してしっかりアプローチします。導入薬剤に関しては、医療機関でしか使用できないものを除いて、肌の悩みにあわせて選ぶことができますよ。

使用される薬剤は、ビタミンCやトラネキサム酸やアセチルヘキサペプチド+EGFなどがあります。

また、お肌の悩みに合わせて、肌質そのものを改善したい場合はプラセンタ、乾燥肌を改善したいならセラミド、肌にハリが欲しい場合はコラーゲンを導入薬剤として選ぶとより的確なアプローチが可能です。

プラズマシャワーはダーマペンとの併用で高い効果




プラズマシャワーには殺菌効果があり、清潔になった肌環境を作ることができ、お肌に薬剤を浸透させやすくなります。

また、肌トラブルも起こしにくい状況になり、施術後の安心感もえられるでしょう。そのため、プラズマシャワーの施術後にダーマペンを使用して美容成分を肌に注入することで、通常よりも高い美容効果が期待できます。

まとめ

プラズマシャワーは幅広いお肌のトラブルに効果的だといわれており、ほとんど痛みがなく、すぐに効果が実感できるのがうれしい施術だといえるでしょう。副作用についても心配のない範囲です。

しかし、比較的高額ではあるので、まずは初回割引などで体験してみるのがいいかもしれません。女性のお肌の悩みはひとつとは限りません。複数のお肌のお悩みにプラズマシャワーで効果的にアプローチしてみてはいかがでしょうか?

これまでのお肌のケアではどうにもならなかったお悩みも、プラズマシャワーで改善するかもしれません。

HADA LOUNGEで施術を受けられるプラズマシャワーの実際の施術風景




6月に行われたくりえみ(栗田恵美)さんコラボ♡インスタライブでは、実際にマッサージピールと、プラズマシャワー、超音波導入を行いながらライブ配信を行っているので、より具体的にどんな施術なのか見ることができます。




HADA ROUNGEではこちらで体験予約も行っていますので、気になった方はまずは予約して体験してみてはいかがでしょうか?きっと行って良かったと心から思えるはずですよ!
more

ご予約はお早めに!

体験のご予約はお電話でも受付けております

0120-939-546

受付時間:10:00~20:00(水曜定休日)